2007年1月31日 (水)

最近買った本

「うぉ~う おうおうイェ~イエィ~ イエ~ィ♪」

Photo_217 『私はガチコっ!

「ガチコ先生のボインにタッチだっ!」

「いや~ん、まいっちんぐっ それがお前のオーバースキルかっ!」

はい、今回はネタやりっ放しで進行します。

今日は最近買った本をキュキュッと紹介。

Dscf0520 アイドルマスターの特集だったので「ファミ通Xbox360」を購入。

で、肝心の「アイドルマスター」は32ページの別冊誌で取り上げられてました。

アイドルマスターに関しては、自分的には「三浦あずさ」たん『激ラヴ』ですが、表紙の中心に登場している「星井美希」たんも捨てがたいと思い始めていたりします。

っていうか、いいキャラいっぱい。アイドルマスターの魅力に今頃気付く自分…大馬鹿者よっ!

ところで昨日お話しした「らくがき」の件ですが、大体出来上がったので言ってしまうと「三浦あずさ」たんを描いてます。

何で発表したかというと、少し注意点があるからです。

白黒なのをいい事に、今回「乳首」出してます。てへっ!照れるなぁ~。

でもって、前の「エキドナ」たんの時のように「お話し」付です。まぁ、今回もエッチ手前の寸止めな話しですけど…。

という事で苦手な方注意っ。

明日か明後日には何とかUPしたいと思います。アイドルの「お星さま」見守っててネっ!

Dscf0521 それとコレ。ブラックラグーンとか描いてる「広江礼威」さんのアートワーク集。

ブラックラグーンや他作品のカラーイラストとかマンガが載っててお得な感じの内容です。

Dscf0522 あと、版権キャラもののイラストも載ってて見応え充分。

これで値段税込みで2000円ぐらいって安いのではないでしょうか?

Dscf0523 あとコレ。

18禁のマンガですが、竜胆さんの「陵辱の連鎖」とfaithさんの「鋼の乙女」どっちも触手系なマンガです。

自分、こういうの好物ですっ。

「陵辱の連鎖」は、一番最初に掲載されているシスターの漫画がお気に入りです。

やっぱり、最後は堕ちて虜になっちゃうって感じの話しは「めっさ萌え」です。描いているご本人さんもお気に入りようで、続きを描いてみたいと後書きで語っておられました。

是非とも続編希望です。

「鋼の乙女」は、少し好みが別れますね。というのも、お腹突き破ったりする「グロ」表現が作品の随所に見られるからです。

やっぱねぇ、女性は大切に扱わないとイケません。何しろ女性は「子供を産む機械」ですから。(大失言)

それにしても、ほんとあの大臣おバカですね。言っちゃ悪い発言って普通に考えたら出て来ませんって。

あの大臣さんは、さしずめ「失言を産む機械」ですか?

でも、その失言をこれみよがしに突っつく議員も「倍率ドンッ!」で更にみっともない気がするのは自分だけ?

話しが逸れましたが今回はこんな感じです。

では、「エロスの共にあらんことをっ!」

2007年1月 5日 (金)

クイーンズクエスト

去年末のコミケは行こうか行くまいか悩み、結局行きませんでした。

でもって行かなかった反動か、とらのあなで同人をがっつり注文。便利な世の中ですよね。わざわざ寒い思いして出掛けなくても、自宅で小粋にプチ即売会ですからね。

ちょっと前にとらのあなで掲げていたコピーの「毎日が即売会」っていうのもまんざら嘘じゃありません。

で、昨日注文&予約してた品の一部が送られて来たのですが、その中で「これは凄いっ!」と唸る出来の同人があったのでご紹介します。

Dscf0415 その名も「クイーンズクエスト 女戦士ステラ」

「クイーンズブレイド」まんまの作りで、ドラクエの女戦士を題材に使うとは、これまた凄い作品です。

何か、久し振りに同人誌の醍醐味というものを感じさせて頂きました。

Dscf0418 中身がこんな感じですから正式に発行しようとしても、スクエニから絶対OK出ないですよ。

ありすの宝箱さん、ナイス!

Dscf0416 こんな感じに本家の品と並べても遜色無し。

というか、光輝いてるぜいっ。

Dscf0419 裏側もまんまな感じ。

文章も似せて書いてて笑えます。

Dscf0423 で、クイーンズブレイドでお馴染みの2Pバージョン中表紙も再現されています。

あぶない水着デスヨ。

カバーのところに続刊予定として「女僧侶レイラ」「賢者マリン」「おてんば姫アリーナ」「旅の踊り子マーニャ」とありました。

「続刊予定?」と(?)マーク付きだったので、あくまで未定なようですが、是非とも発刊して欲しいです。

発行お願いしますっ!(土下寝)

ドラクエの女戦士で思い出したのですが、「ドラクエ8」で3Dキャラで登場し、ひたすら眺め倒したのを思い出しました。

という事で久し振りに「ドラクエ8」の世界へ「ごー!」

Cap229 いたいた、カジノの町ベルガラックの屋敷前に居られました。

女戦士はやっぱりいいっ!

このクオリティで「ドラクエ3」リメイクして欲しいです。

そうすれば、女勇者も女僧侶も女賢者も視点グリグリ動かして見放題ですょ。

Cap230_1 そして後姿。しっ、尻ー!

ホンモノも結構際どい格好です。

パーティ組んで並ぶなら、絶対後列ですな。

でも、この女戦士。歩く度に胸がプルプル動くんですよね・・・前かー!後ろかー!いっその事女戦士の周囲をグルグル回って、両方拝むかー!

そして、伝説へ!

Cap231 横から観察。

すっ、隙が無いっ!この角度もいいっ!

サイドがヒモ状のおパンツだなんて。H・A・N・S・O・K・U

Photo_201 女戦士ぃドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!ドーン!

Cap232 正面アップ。

「ドラクエ8」もいいゲームでしたね。

そーいえば、「9」はDSで発売だとか・・・。

視点グリグリとか出来ないじゃん。

だから「DSバカ売れ危険」って前に言ったんですょ。

ガックリんこだよね。

そういえば、クイーンズブレイドで

Dscf0420 コレも昨年末に発売されてました。

「レイナ3D]と「アイリ」

「冥土へ誘うものアイリ」って、単純にメイドと冥土をかけてるんですよね?これは寒い。体感温度が5度程下がりました。

メイドと冥土…1万と5千年前のギャグですね。

野口五郎だって駄洒落で使わないと思われます。

Dscf0421 でも、キャラはいいですね。

気に入りました。

ウチのメイドにしてあげてもいいよ(上から物目線)

Dscf0422 レイナ3Dの方はちょっと違うんじゃないかな?とも思いましたが、これはこれでアリかも。

それはそうと、クイーンズブレイドのサイト覗いたら、関連商品に「メナスの抱き枕」ってありました。

際どいイラストが描いてあるデンジャラスアイテムだそうな。

1万2千円と高額だし、だいたいこういう商品には手を出さないように決めているので、「どこのアホが買うんだか」と、冷ややかな目で商品説明を見ていたところ。

素材:トリコット(縦横方向に伸びる2way仕様)機能性素材
(使用用途:水着、レオタード、下着など、肌に直接触れる機能衣類) 中材: シリコン綿(圧縮専用)
(特徴:軽い、柔らかい、弾力性に富む、へたりにくい特殊ばね構造)

という文字が目に入り、『触ってみたいっ!』と、熱い衝動に駆られました。

数分後・・ホビージャパンオンラインショップの登録を済ませ、抱き枕を注文し、呆然とする男ひとり・・・・・。

「もしかして…やっちゃったかな?てへっ!」

まぁ、衝動買いは男の嗜みですよね。

と、考えながらも、こんな商品抱いて寝て睡眠中に突然死んじゃったりして朝に発見されたら、死んでも死に切れないのでは?と思われます。

そうそう、抱き枕は1月11日予約締め切りだそうです。

死んでも死に切れない思いをしたい方はお急ぎをっ!

2006年9月 6日 (水)

BugBugの表紙

バグバグ表紙買い~バグバグ表紙買い~。

バグバグとは18禁ゲームの情報誌です。極ありふれた内容の雑誌ですが、書店に並んでいるのを見掛けるとつい買ってしまう時があります。

Photo_65 それはこの表紙のせい。

自分のツボを突きまくるこの魅力的な表紙のせいで、つい衝動買いしてしまう訳です。

可愛い顔にナイスなバディ、これは半端な職人さんには真似出来ない凄技です。イナバウアーなんて目じゃありません(何で今頃イナバウアー・・・)

表紙を描かれている神様の名は「黒田和也」さん、この名を夜空を見る度思い出してください。そして、45度の角度でお辞儀をし、敬ってください。

そうすればきっと、不確かな明日に光が差し込むハズです。

この黒田さんという御方は本職はアニメーターです。「ヴァントレッド」のキャラデザインが強く印象に残ってます。

そして、ヴァンドレッドから数年後、こうしてこの御方のエッチぃイラストが拝める訳ですから人生何が起こるかわかりません。

常にポジティブ。そして、アクティブに、エロスと萌えを動力源として人生愉快に乗り切らなきゃ損というものです。

そういえば、18禁ゲームで思い出したのですが、「カスタム隷奴」というゲームが前に発売されてました。

内容はタイトルまんま、自分でカスタムしたキャラをあんな事やこんな感じに調教し成長(?)させて行く訳です。

まぁ、そこまでなら良くあるゲームです。

が、このゲームのビックリなところは、ネットにアクセスして自分の育てたキャラを違うプレイヤーと交換したり、一緒に調教出来たりするシステムがあったところです。

このゲームを購入した当時、「本当にそんなプレイしてる人が居るのか?」という好奇心に駆られ、作ったばかりのキャラを引き連れアクセスしたところ・・・。

居ました、それも三人も!調教の三巨頭「隷奴の三人」が待ち構えていました。

確認した途端に自分、回線引き抜きました。だって、怖いですからね。こっちは興味本位でインしたけど、相手はやる気満々ですから。

ヘルレイザーの魔導師かと思いましたよ。

2006年8月 1日 (火)

クィーンズブレイド

Photo_11 「クィーンズブレイド」、現在シリーズ3まで発売してて、シリーズ各2冊づつで計6冊が発売してます。

もうすぐシリーズ4弾目も発売する人気商品です。

対戦型ビジュアルブックと表紙に表記があるように、二人で対戦出来る仕組みなのですが、本当に対戦している人って居るのでしょうか?

だって中身が…。

Photo_12 こんな感じだったり。

Photo_13 こんな感じだったりする訳ですよ?

健全な男子が二人で対戦してたら悶々として、辛抱たまらなくなります。

クィーンズブレイド全国大会とかあったら面白いですね。

いい年したおっさんとおっさんが本片手に登場して花道を歩いていく姿なんて想像しただけで爆笑モノです。

全国大会中継とかして、本場の実況アナが「おおっと!トモエ尻丸出しですっ!」とか、「エキドナ禁断の秘技、腰に巻いたヘビで攻撃!下半身丸出しです!」とか言ったりして、結構盛り上がりそうですけどね。

それはそうとこのクィーンズブレイドで今少々悩んでます。

というもの、イベント限定でグッズが発売するからです。ココ参照。

Photo_14 もうイベントとか行かないつもりだったんですけど、どうやら時代が穏やかな日々を過ごしている自分を許してくれないようです。

クィーンズブレイド好きとしては悩み。そして、怒るとろです「何でイベント限定?」、と。

そういえばフィギュアも発売しますね。自分はバッチリ予約しました。

早く自分の一番のお気に入りの「エキドナ」さんが出ないかと心待ちにしています。

2006年7月29日 (土)

7/29 今日購入の本

では、恒例の行きます。

729 まずは雑誌から。

「メガミマガジン」 ポスターいっぱいの美少女雑誌です。そういえばこの雑誌は創刊号から買ってます。今回のピンナップポスターは、全員水着のようです。ウィッチの雅音さんがちょっと有り得ない感じもします。

「電撃オンラインゲーム」 オンラインゲームは人間ダメになりそうなので余りプレイしないように心掛けてますが、この雑誌は絵が大きく掲載され、資料的価値が大きいのでいつも購入してます。

Photo_9 中身はこんな感じです。

攻略というよりも、システムやキャラクターの紹介がメインな感じの内容です。

今回は「ファンタジーアース」の新装備とかも紹介してます。

729_1 その他。

今日購入では無いものもありますがこんな感じです。

「機工魔術師7~10巻」 9巻までの発売かと思ってましたが10巻まで出てました。

10巻目などは絵的なものが向上してて別物のようにクオリティが凄いです。

ですが、初期の頃のこのマンガらしさが薄くなっている気がします。

「ヘルシング8巻」 久し振りに出ましたね。セラス覚醒したので大活躍!と、思いきや出番ナシ。

主役が帰還したのだから仕方が無いですけどね。

「ゼロの使い魔3~6巻」  一巻読んで面白かったので購入しました。

なんていうか、アニメより小説の方が面白いです。

アニメ版の主人公って、情けないけどやる時にはやるキャラみたいに描かれてますが、原作版はきっちりとした意思を持っているけど、たまに情けないキャラって感じに受け止められました。

この違いはたぶん、アニメの演出のせいかと思われます。

というのも、小説は主人公の心理描写があり、情けないリアクションをしても実はこういう考えだった。と、解釈出来るのですが、アニメ版はそういった心理状態の表現が成されてない、悪くいえば原作版のまんまトレースだからではないかと思われます。

全く同じではダメという事ですね。

演出って実は原作付きの方が難しいんでしょうね。

「イコノクラスト1巻」 表紙のエロさで買ってしまいました。

2006年7月26日 (水)

今日購入の本

今日の商品はこちら。

Photo_6 「べっ、別に興味があって買った訳じゃないからねっ!」な感じのツンデレヒロインが主役の「ゼロの使い魔」です。

アニメを観て感化されて買って来ました。

ところで、おしおき好きのヒロイン「ルイズ」を逆におしおきしてみたい。なんて、妄想を懐いているのは自分だけでしょうか?

でも、一番気に入ったキャラは褐色の発情貴族「キュルケ」だったりします。下着で居る確率が普段着の時と同じってキャラもかなり珍しいですよね。こちらとしては望むところですが。

それはそうと、ルイズが「キスから始まる物語」なら、キュルケとは「何から始まる物語」なのか知りたいのは前世が名探偵張りの岡っ引きだったとかって理由では無いと思われます。

そういえばルイズの声って、アニメのシャナの声と同じですよね?

シャナといえば、同じフレイムヘイズのメイド姿のキャラが居ましたが「~で、あります」という台詞を聞く度に「ケロロ軍曹」を思い出しました。

「ホビージャパン9月号」 フィギュアの情報収集の為買ってます。

今号は「ガンダムカーニバル」と銘打ってガンダムの特集をしてます。しかし、特集を組むまでもなく、普段もガンダムメインなのはここだけのヒミツです。

フィギュアで気になった話題は、メガハウスから発売予定の「瑞木(みずき)」と「マリコ」

流石に紙面をスキャンするのは憚られるので、画像は無しの説明のみにしますが「瑞木」が忍者風で「マリコ」がSFチックな衣装のキャラクターです。

元になっているイラストが「司淳」さんなので、気になった方はチェックしてみてください。

それとコトブキヤからあのウィッチブレイドのシリーズとして雅音に続き「まりあ」が立体化されるようです。

というか、どうして三色頭が玲奈さんを差し置いて立体化なのか謎です。

三色頭出たら買っちゃうと思うけど、玲奈も立体化希望です。

2006年7月25日 (火)

今日購入の本

日付が変わってしまいましたけど、恒例の行きます。

Dscf0126

本日収穫した獲物はコレ!

「ソルティレイ ビジュアルファンブック」 美少女ハイパーアクションなんて、ちょっぴり嬉し恥ずかしいキャッチコピーを放送当時掲げていたアニメのストーリダイジェストと設定画で構成されたファンブックです。こういうの待ってました。以前から絵を描く時の参考になるものを探していたので渡りに船です。ローズはもちろん、プロシードの四人娘の設定画もパワードスーツ姿まで掲載されてます。ファンで無くても買いです。

それはそうと、ソルティ関係のフィギュアが主役のソルティ止まり終でわっているので、是非他のキャラも立体化して欲しいです。というか、銀河帝国皇帝陛下の勅命です。「とりあえずアニメ第5話の水着姿を全員立体化せよ!」「弾幕薄いぞっ!何やってんの!?」(謎)

「鋼の錬金術士14巻」 いわずもがなな作品ですね。

そういえば最近、同人通販サイトでエドが女性化し、マスタング大佐とラブラブになる内容の同人を見掛け爆笑した記憶があります。自分的個人見解を言いますとそういうのも「アリ」だと思います。

エドきゅん女性化…自分美少女(美女)キャラに心を閉ざす扉は持ち合わせていませんから。

「機工魔術師4~6巻」 巻数が重なると新キャラも増えますね。

それよりも気になったのがクオリティです。

_1 Photo_3

上が2巻で、下が6巻の一コマです。

ザクとドムぐらいの性能の違いがあります。というか、何でパンツ比較なのかはここまでお付き合い頂けている諸氏には説明が不要でしょう。が、あえて言わせて頂くとDAI好きだからです。人を助けるのに理由は要りません(謎)

それにしても6巻デンジャラス。これだけで飯三杯はおかわり出来ます。

2006年7月21日 (金)

今日購入の本

Dscf0117_1 本日購入した本です。

小説

「モンスターハンター4巻」3巻まで読み終えたので買って来ました。

「でぃ えっち えぃ」作家がモンスターハンターと同じ方なので購入。

「銃姫」特に理由は無いのですが、シリーズ物の1巻です。

マンガ

「ウィッチブレイド タケル」アニメのウィッチブレイドが気に入っているので、購入してみました。アニメ版と違うストーリーで、女子高生が変身するみたいですね。でも、ウィッチブレイド装着後のデザインが少ししょぼい気もします。

雑誌

「テックジャイアン」最近唯一購入している美少女ゲーム雑誌です。

Dscf0114 それとこれは今日購入したのでは無いですが、「鋼鉄の白兎騎士団」です。

パンツ丸見えの1巻の表紙に誘惑され、つい買ってしまいました。出版社の思惑にハマってるような気がしてアレですが、あえて火中の栗を拾うのも男気というものです。

そーいえば、この作家さんって、「プリンセスミネルバ」書いてた方だったんですね。

小説の方は、まだ最初の部分しか読んでないのではっきりとした評価は出来きませんが、キャラクターのビジュアル的なところはアリですが、内容は微妙な感じです。

この作家さんって前からそうだったけど、文章が堅苦しい感じがしますね。

にしても、こんなハレンチな格好で戦場を駆け巡ったら、普通だったらエライ事になりますよね。

自分が敵の指揮官だったら、「作戦変更っ!ウサギ狩りじゃー!」なんて、指示絶対出します。

中のカラーイラストも「誘惑光線ズバっ!(謎)」なので、キャラクターが気に入ったら購入するのも一興でしょう。

2006年7月20日 (木)

モンスターハンター

小説版「モンスターハンター」最近読み始めたのですが、なかなかに面白いです。

PS2のゲームが元ネタなのですが、狩場の描写の表現やモンスターの生態等の雰囲気が巧く書かれていて楽しく読む事が出来ます。

魅力的な女性キャラも多く登場してます。

華奢な身体で巨大なハンマーを使う、ツンデレヒロインの「エルメリア」を始め。

激、綾○似の英雄志願者「フリーダ」

酒場を切り盛りする、魅惑のお姉さまキャラの「ベッキー」

メイド服にメガネ。そして、パラソル型のライトボウガンと、どこか別の作品で見たような姿のガンナー「ヴィヴィー」

このキャラ達の活躍を見るだけでも読む価値有りです。

特に3巻目のエルメリアの狼狽ぶりなどは、ツンデレの基本を踏まえてて萌える事間違いなしです。

というか、モンスター狩ってる場合じゃないですよ。自分だったらトラップ仕掛けて捕まえて、あんな事やこんな事しちゃいます。

自分、生粋の「2次元キャラ(女性限定)ハンター」ですから!(?)

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック